適応障害が辛すぎて会社がイヤイヤになった話【体験談】

人間関係
会社員 適応障害
広告

どうも、はっしーです。久しぶりの投稿です!

今回は新社会人として一か月過ごした結果、適応障害を引き起こして死にたくなった話をします。

因みに死にたくなったのはマジです。ていうか、「彼女がいなかったら俺が生きてる意味マジでないな」って今も思ってます。

広告

適応障害とは?

まず適応障害って何?っていう話です。僕は専門家でもないんで、下にリンク貼っておきますね。

適応障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス – 厚生労働省

簡単に言うと、ある状況や出来事が嫌で嫌で仕方がなくなり、精神面、行動面に症状が出るってことですね。例えば会社が嫌すぎて死んだ方がマシだと考えるようになるとかです。因みにこれはGWの時の僕です。今は多少改善されてます。

広告

会社に行きたくない→死のう!って考えてた

今年のGW、僕は十連休でした。上にも書きましたが、僕はそのGWが終わりに近づくにつれ、

イギダグナイッッッ!!(会社に)

という思いがどんどん強烈になっていきました。彼女と遊んだりしてごまかしても、その時間が終わると

「マジ無理・・・。連休終わったら会社じゃん・・・。死んだ方が楽。」

こんな感じ↑に。会社に行きたくないという気持ちで頭がいっぱいになり、人生が嫌になる始末。 おいおい・・・、社会人一年目なのにこんなんで大丈夫かよ・・・。って感じですね(一年目だからこそなのかな)。

そんなこんなで、僕は死にたいという気持ちに溢れたGWを過ごしていました。マジで辛かった。今も辛いけど。改善されるのかなぁ、これ。

会社が嫌すぎて泣いた

結局、僕は会社が嫌すぎて泣きました。彼女の前で。クッソ甘えたからその時だけは落ち着きました。

何この惚気話。

子どもの頃は幼稚園が嫌で毎日泣いてたんですけど、まさか大人になってから会社が嫌で泣くことになるとは思ってませんでした(笑)

別に悪い会社じゃないんですよ。多分。

残業代が1分単位で出ないとか(どこもそうなのかな)、飲み会が多いとかはありますけど、新人の僕がそのことについて何か言うのも気が引けますし、僕の考え方が甘いだけっていうことも十分考えられます。

うんうん。ただ僕が「親しくない人間との飲み会」が嫌いなだけであって、会社に問題はない。と思う・・・。新人だし「好きでもない人間との飲み会なら残業代くれ。」とか口が裂けても言えない

あれ?この記事、なんかただの愚痴みたいになってきてない?

広告

適応障害を治療するには

患っているときは死んだ方がマシと考えるくらい辛かった適応障害。どうすれば治療できるんでしょう。

個人的には「いつでもその状況から逃げ出せるぜ!」と考えることが重要なんじゃないかと思ってます。治療というか対症療法になるんですかね。

僕を例にとれば、「いつでも会社辞めれるor休める」ってことになります。

この「いつでも逃げられる」という状況(考え)、かなり重要だと思います。例えば会社なんて辞めちゃっても、近所でバイトすれば食い繋ぐことは出来ます。

こんな風に逃げ道を確保しておくことで、多少は楽になるんじゃないかって考えてます。実際に僕は会社が嫌になったとき、アルバイト生活についてググりまくってました。まあ今も嫌っちゃ嫌なんですけど(笑)

そして「会社辞めてもバイトすりゃいいか!」と、こんな風に考えられるようになりました。ちょっとだけね。

やっぱり人間どこにも逃げられないと思ったら、辛くなって「死ぬしかない・・・。」って考えるじゃないですか。

実際僕も、逃げ道が無くなったら死のうと思ってます。彼女がいる限りは生きようと思ってますけど、それでも死にたくなったら彼女に一言言ってからにします。これマジ。

でも逃げ道がある限りは、そっちに逃げて何とか生存します。結論、「逃げ道を作る、逃げ道があると思う」っていうことですね。

広告

コメント