老化の原因とアンチエイジングのための食事

広告

人は「老化」という現象から逃れられません。みんないつかはヨボヨボになって死んでしまいますね。

しかし、みなさん出来るだけ長く若々しさを保ちたいはずです。そこで、老化の原因とアンチエイジングの方法を一緒に学びましょう。

広告

老化の原因

僕たちはブドウ糖と酸素が無ければ生きていけません。これは言うまでもないことです。しかし、これらの物質こそが僕たちの体を老いさせている原因になっているんです。

ブドウ糖と酸素が結び付くと、水、二酸化炭素、エネルギーが生産されます。この過程で「酸化」、「糖化」という現象が起こります。

酸化はこの過程で出来る活性酸素が細胞を老化させる作用で、糖化はタンパク質、脂質がブドウ糖と結び付いて劣化すること作用を言います。

「老化」の正体は、「酸化」と「糖化」ということですね。

この中でも今回問題として取り上げるのは「糖化」です。この糖化が起こると、「AGE(Advanced Glycation End Products)」という物質ができます。

このAGEは僕たちの体を作っているタンパク質、脂質とブドウ糖が結び付いてできるんでしたよね。僕たちの体の大部分はタンパク質、脂質によって出来ているんです(水もですが)。

このことから、ブドウ糖の摂り過ぎが体に悪いことは言うまでもないですね(言うんですけどねw)。

ブドウ糖を摂り過ぎる=AGEが沢山できるということです。

AGEの作用とは

ブドウ糖の摂り過ぎで沢山出来てしまうAGE。この物質はタンパク質や脂質を変性させる力を持っており、例えば皮膚のコラーゲンに作用すれば皮膚は弾力を失います。

他にも臓器や筋肉、血管、脳など、あらゆる部位のタンパク質、脂質と結合します。肌のシミなんかはAGEが原因なんです。重大な病気の原因にもなります。

糖尿病は色んな病気を運んでくる、というのは、「糖尿病になるくらい血糖値が高い状態では、AGEも自然と作られやすい」からで、様々な病気の元はAGEなんです。

糖尿病になるくらい糖を摂取している→AGEも大量に生成される→病気になる

ということです。このAGEは食べ物にも含まれていて、その量は調理法によっても変わってきます。

AGEの減らし方

加熱調理はほどほどに

例えばあなたが食パンを食べるとしましょう。このときそのまま食べるかオーブントースターでカリカリにして食べるかでもパンのAGE含有量は変わります。食べ物を高温で調理するとAGEは増加するんです。

フライドポテトなんかの揚げ物は高温で調理するので、AGEが多めです。野菜も野菜炒めより生で食べたほうが良いということです。

酢、レモン汁を使う

酢もレモン汁も、食品に漬けることでそのAGE量を減らすことができます。唐揚げや魚のグリルなどに漬けるといいですね。酢は血糖値を抑える効果もありますから、沢山使いましょう!

紫外線に気を付ける

紫外線を浴びると肌のAGE量が増加します。「紫外線は肌に悪い」というのはこのAGEが原因で、AGEが肌の皺やシミのもとになっています。

よって天気のいい日には、UVカット効果の高い日焼け止めクリームを使うと良いでしょう。あなたの肌の老化にストップをかけてくれます。

ビタミンB1を摂る

ビタミンB1には抗AGE力がありますから、積極的に摂取しましょう。ビタミンB1を含む食品は、鶏肉、豚肉、ウナギ、大豆などがあります。

タバコを控える

タバコを吸うと、体内のAGEが増えることがわかっています。この話を抜きにしてもタバコはそもそも体に良くないですが、老化防止のためにも控えたほうが良さそうです。

広告

コメント