賃貸の火災保険ならここがおすすめ!補償内容も解説します

広告

こんにちは。はっしーです。

皆さん、賃貸の火災保険はどうしてますか?

不動産会社に勧められた保険にそのまま入ったりしていませんか?

もしそうなら、直ぐに見直しましょう。

なぜなら不動産会社に勧められる保険は、大抵余分な保証がくっついているからです。

その分消費者は損しますよね。固定支出には本当に敏感になったほうがいいです。

極端な話、5畳の部屋に住む単身者が1億円分の家財なんて持たないですよね(というか持てない(笑))。

必要な分だけ補償してくれればいいわけです。

200万円分の家財があるなら、200万円分補償してくれればいいんです。

そこで、家財の保険金額に応じて年額を変えられる安いプランを紹介します。

広告

日新火災の「お部屋を借りる時の保険」

この保険であれば、家財の保険金額を100万円刻みで選択して保険を契約できます。

家財の保険金額とは、「家財に対する補償の契約金額」のことです。

家財とは、「日常生活で使用する家具や家電製品などの生活用動産」のことです。衣服等も含まれます。

ただし、自動車や1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・宝石・書画・骨董(とう)、ペットや観葉植物等の動植物は含みません。

簡単に言うとこの保険は、100万円の保険金額でいいならそれに合わせて年額を変えられます。

年額は具体的にどう変わるのか?

まず、最低金額は年額4000円です。

これは家財の保険金額が100万円の場合ですね。

そして家財の保険金額が100万円上がる毎に、年額が1000円上がります。

保険金額が200万円なら年額5000円、1000万円なら年額13000円です。

簡単ですね。

次に、この保険に付いている他の補償内容と補償金額を説明します。

補償内容

借家人賠償責任

火災、爆発、水ぬれ等で建物に損害を与え、貸主(大家さん)に対して法律上の損害賠償責任を負った場合の補償です。

これは一回の事故につき、限度額が2000万円です。

火事とかやっちゃったときは2000万円まで出すよ!

っていうことです。

修理費用

これは部屋の窓ガラスやドア等が壊れた時の修理費用を補償するものです。

例えば雹(ひょう)や強風で窓ガラスが割れたときなんかは適用されます。

他には空き巣被害で窓ガラスやドアを修理することになったときも適用されます。

これは一回の事故につき、限度額が300万円です。

個人賠償責任

偶然起きた事故で他人にケガをさせたり他人のものを壊したりして、法律上の損害賠償責任を負った場合、損害賠償金等に対して保険金がおります。

これは一回の事故につき、限度額が1億円です。

家財の損害

最初に触れた内容ですね。

自然災害や盗難などで家具、家電、衣服が損害を受けた場合に保険金がおります。

保険金額は100万円から最大2000万円までで、100万円単位で設定できます。

ここの設定金額によって年額が変わります。

被害事故法律相談費用等

これは突発的な事故で、被保険者自身や家財が被害を受けた場合に使える補償です。

その時負担した弁護士費用または法律相談費用に対して支払われます。

年間限度額は30万円です。

説明は以上です。いかがでしたか?

もし契約中の火災保険が高いのであれば、直ぐに変えることをお勧めします。

因みに僕はこの保険にしてます。

広告

コメント