現代人はみんなLINEモバイルを使うべき話【mineoとの比較もしました。】

LINEモバイル 通信速度 コスパ 特典 節約
広告

タイトルの通り、SNSを使わざるを得ない現代人ならLINEモバイルを使うしかない、という話です。

「格安SIMに乗り換えたいけど、種類が沢山有りすぎてわからない!」という方も、取り敢えずLINEモバイルを使うといいですよ。後半で解説しますが、ミスドやコンビニのコーヒーがタダで飲めたりします。

僕がここまでLINEモバイルを激推しする理由を一つずつ解説します。

広告

カウントフリーが優秀過ぎる

カウントフリー。

これがLINEモバイルの一番の強みと言ってもいいです。

カウントフリーについて簡単に説明すると、「特定のアプリの通信は、月の通信量にカウントしませんよ。」というものです。

例えば、月に3GBの通信量で契約している人がいるとします。その人がツイッターでタイムラインを読み込みまくり、ツイッターだけで2GB通信してしまったとしましょう。

それでもツイッターはカウントフリーであるため、カウントされる通信量は0GBです。

なんて素晴らしいんだ・・・。

4つのアプリがカウントフリー

具体的には以下のアプリに適用されます。

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

そしてこのカウントフリー機能、なんとツイッターやインスタグラムの画像、動画にまで適用されます。これは大きいですよ。

カウントフリーの注意点

Twitterを見ていると、ニュースサイトやブログへのリンクが沢山ありますよね。

そしてリンクを開くと、リンクはツイッターアプリで表示されます。

このとき「ツイッターアプリ内で開いているからカウントフリーかな?」と思いがちです。

しかし、そういった外部へのアクセスで発生する通信に関しては、カウントフリーになりません。これだけがカウントフリーの注意点になります。

広告

圧倒的コスパ

格安SIMを選ぶときに気になるのが「通信量1GBあたり、何円かかるのか」、つまりコスパです。

今回は、コスパが良く人気のある格安SIM「mineo(マイネオ)」と比べてみましょう。

mineoとのコスパ比較結果

今回は人気プランの「通信量3GB、音声通話もデータ通信もできるSIM」という条件で比較します。

この条件ではLINEモバイルは月額1690円、つまり1GBあたり563.333…円です。

それに対してmineoは月額1510円。つまり1GBあたり503.333…円です。あれれぇ?

mineoの方が安いじゃねえかよ!!!

とはなりません。

実際は3GBより多く通信可能

確かに、純粋に通信量だけを見ればmineoの方がお得です。

ただ前述の通り、LINEモバイルにはカウントフリー機能があります。ここが大事です。

LINEモバイルはカウントフリーのサービスによって、実際には3GBより多くの通信が出来ます。だったら、実質のコスパも変わってきますよね。

どれくらいカウントフリーを使うか

そこで問題は「どれだけ4大SNS(Twitter、Instagram、LINE、Facebook)を使うか」になります。

これらのアプリで月々どの程度通信すれば、コスパは逆転するのか。

計算しました。結論として、0.4GBだけ4大SNSを使えば、コスパは逆転します。4大SNSのカウントフリー分に加え、元々の通信量3GBをしっかり使うとすると、

1690円÷3.4GB=497.059円/GB。つまり、0.4GBでもSNSを使った時点でコスパが逆転します。

どんな人にLINEモバイルは適しているか

計算してわかったとおり、月に0.4GB以上、4大SNSで通信するならLINEモバイルのコスパが上です。

インスタグラムなんて、コンテンツ形式が画像&動画であるため、毎日アプリを使っていれば0.4GBなんて簡単に超過します

対してツイッターはテキストコンテンツが多いですね(「呟き」だし・・・)。

とは言え、最近は画像付きツイートもわんさか投下されているため、こちらも0.4GBなんて軽く超えてくるでしょう。

よって、SNSを使う人のほとんどはLINEモバイルを使うべきなんです。

広告

LINEポイントが毎月溜まる

LINEモバイルは月額利用料の1%分、LINEポイントがもらえます。

僕は月額1690円の契約をしているため、毎月17ポイントのLINEポイントが溜まっています。証拠を載せます。

このLINEポイント、結構いろんな使い道があります。ここで紹介しますね。

ミスド、ファミマ、ローソンなどで使える

画像を載せましたが、200ポイントでミスタードーナツのギフトチケットになります。最高です。

他にも、100ポイントあればローソンやファミリーマートでコーヒーが飲めたりします

LINE Pay残高に出来る

LINEポイント1ポイントにつき、LINE Pay1円分の残高としてチャージできます。そしてLINE Payがどんなところで使えるのかというと、

  • LAWSON
  • ケーズデンキ
  • ビックカメラ
  • 松屋
  • スターバックス
  • ファミリーマート
  • ゲオ

こんなによく使うようなお店で使えます。メジャーなお店ばかり挙げましたが、他にもLINE Payが使えるお店はたくさんあります。

そしてオンラインショップでは、

  • ZOZOTOWN
  • HMV ONLINE
  • ソク読み(コミック、ラノベの電子書籍サイト)
  • DLsite(同人、コミック、ゲーム等の2次元総合ダウンロードショップ)

などで使えます。実に便利だ!

広告

通信速度は?ここでぶっちゃけます。

嘘をつくわけにもいかないですから、正直にお伝えします。

ぶっちゃけ、「通信が遅い時間帯があるな・・・。」というのが僕の正直な感想です。具体的には、会社員もスマホを使うであろうお昼の時間帯、みんなに時間が出来るであろう夜の時間帯です。

じゃあ具体的にどのくらい遅いのか?という疑問があるかと思いますから、実際に図ってみました。結果(証拠)を載せます。

LINEモバイル 通信速度 昼

これは正午に計測しました。下りが約2Gbps、上りが約8Mbpsです。通信が遅い時間帯でも、このくらいの速度は出ています。

通信速度が遅いとは言いましたが、これくらいあれば十分なのかな、と僕は思っています。

流石に大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の太い回線には速度で負けています。

LINEモバイルは、ドコモとソフトバンクの回線の一部を借りてサービスを提供しています。よって当然、大手キャリアに通信速度で勝つことはないです。

ただ、僕が前にドコモのSIMを使っていた時の料金は、3GBで約7000円です。 何ですか、この手痛い出費。 今なんてLINEモバイルのキャンペーンで、3GB契約、月500円未満で使っているのに・・・。

結論:みんなLINEモバイルにするべき

ここまでLINEモバイルについて解説してきました。そして

  • SNSを月に0.4GB以上使うならmineoより高コスパ
  • 溜まるLINEポイントは使い道がたくさん
  • 通信速度も大して問題にはならないレベル

という事実が証明出来ています。よって、現代人はみんなLINEモバイルを使うべき、というのが結論です。

広告

コメント