スシコラでガチエリアをプレイするときの立ち回りポイント【短射程トゥーンを生き抜く。】

スプラトゥーン2 ガチエリア スシコラ ゲーム
広告

スシコラ(スプラシューターコラボ)でガチエリアに潜ってきました。

その結果気を付けるべきポイントを見つけたので、重要なポイントを挙げていきます。

※記事執筆時点での筆者の腕前はS+です。Xではありません。その点だけご了承ください。

広告

思考停止しない

これは全ての武器で言えることですから、理解している人は読み飛ばしてください。大前提ですが、思考停止しない。考えることをやめると途端に勝てなくなるし、強くなれないです。

そしてこれはすべての武器に当てはまることですね。 この「思考停止しない、考え続ける」という意識が、上達の土台です。

では、具体的にどう思考すればいいのか?

常にベターな立ち回りを模索する

例えば自分がキルされたとします。その時「ああぁぁぁぁやっちまった!!!」ではなく、「今なんでやられたんだ?どうすれば勝てた?」と考えます(自戒でしかない)。

そしてその繰り返しで少しづつ上手くなっていく、という感じです。

因みにこれを2時間繰り返すと、すっごく疲れます。

広告

自分より射程の長い相手との戦い方

自分より射程の長い相手に対しては、基本的に「正面から勝つのは無理」と考えましょう。

マニューバー系統を使い、スライドが異次元に上手いとかであれば話は変わります。しかしそれでも、距離を正面から強引に詰めるのは愚行です。

射線を切れる場所の近くで、ヘイトを買う

短射程の鉄則だと思っています。これが出来なければ一方的にやられます。

僕は多分、自分より射程が長い相手に正面からタイマンを挑んで、数千回は返り討ちに遭っています(笑)

現環境は「長射程トゥーン」と言われるほど長射程が強いです。よほど塗りが良くない限りは、長射程に対して正面からタイマン挑むなんてことはやめましょう。

そして、相手の射線がいつでも切れるように、基本的には障害物の近くなどで戦いましょう。

ジェットパックで射程を伸ばす

スペシャルゲージが溜まっていることが前提ですが、ジェットパックで一時的に射程を伸ばすことができます。これで一応自分より射程が長い相手にも太刀打ちできます。

広告

キルの取り方

タイマンを仕掛けるとき

相手に正面からタイマンを仕掛けるときは、ボムを足元や引き先に投げて、相手の移動を制限してから突撃すると良いです。相手に移動先が予想できれば、エイムも合わせやすいです。

ボムの効果はもう一つあって、それは相手にダメージを与えられることです(当たり前体操)。

相手にボムを投げてから行くと、上手くやればボムだけでキルが取れますし、そうでなくてもメインの確定数が変わることが多いです。

裏取りするとき

裏取りするときは、敵が自分のことを見ていないことを確認出来たら行きましょう。裏取りは、相手から気づかれずにできれば一番楽です。

しかし、裏取りを相手が見ていることもあります。その時はそれでOKです。

相手から見られていても、その相手のヘイトを買いつつ生存出来れば、人数不利にはならないからです。

欲を言うと、複数人のヘイトを買いつつ生存出来れば、圧倒的に味方が動きやすくなります!

広告

ジェットパックのコツ

使うシチュエーション

ジェットパックを使うべきシチュエーションをまとめます。

  1. 相手を全体的に退かせたいとき
  2. 多くのヘイトを自分に向けたいとき
  3. メインでの戦闘で負けそうなとき
  4. とにかくエリアを塗りたいとき
  5. 自分達の打開時、相手の打開時

特に5が大事だと考えています。

相手の打開時は、ジェットパックで複数人のヘイトを買いましょう。

欲を言うと、誰か1人でもキル出来ればさらに良いです。

それだけで相手4人の打開タイミングがずれて、エリアのカウントはかなり進みます

使う場所

どんな場所でジェットパックを使えばいいの?という疑問があるかと思います。

結論を述べると、「着地時に狩られにくい場所」です。

ジェットパック中は、イカがどこでジェットパックを使ったかを示すマーカーが出ますよね。そのマーカーがだだっ広い平面にポツンとあると、簡単に着地を狩られます。

よって、ジェットパックは

  • 敵の死角になる物陰
  • 敵の攻撃が当たりにくい高所

から使うことを意識しましょう。

開けた場所から使ってしまうと、全方位から攻撃が通ります。そのため着地時のデス率がグンと上がります。

マーカーが敵に見えないというのが一番安全なため、自陣の壁裏などが候補になってきます。

広告

コメント