印鑑など要らぬわ。

判子を押す会社員 思考
広告

はっしーです。タイトル通り、紙面上に保存する印鑑もサインも要らないという話です。

広告

印鑑の必要性とは

まず「なぜ印鑑は必要か?」です。

これらは本人が契約に合意した「証拠」となるものです。その証拠として印鑑を捺し、紙面上に押印する人の意志を保存、保証するわけです。

今のところ、契約には「印鑑」か「公証人」かのどちらかが必要

契約には第三者の公証が必要で、印鑑を捺せば契約の意思は印鑑登録をしている役所が公証してくれるとのこと。つまり、

「この印鑑は役所に登録されているから、印鑑が捺された紙面に対する本人の意志は、役所が保証します。」

ってことです。

これがサイン契約が多い欧米になると、印鑑の代わりに公証人が契約に立ち会う必要があります

契約を保証できるのが契約を交わす2者だけでは、

「あのときこう言ったよね?」「は?言ってないし!」

と、小学生のような喧嘩が始まる恐れがあります。そのため今のところは印鑑(役所)か公証人という中立な第三の存在にも、契約の成立を保証してもらいます。

印鑑のメリット、デメリット

印鑑制度の継続には

  • 朱肉や印鑑の生産
  • 印鑑をみんなが持つこと
  • 印鑑をみんなが役所に登録し、印鑑に自分の意志を持たせること
  • 印鑑を捺す紙の下に置く変なゴム板の生産

などのコストがかかります。これらが印鑑制度のデメリットです。

対して印鑑制度の継続には

  • 契約の場公証人が要らない

というメリットがあります。あれ?

印鑑は無くてもいい

なんかメリット少なくね?と感じたかと思います。

でも実際、公証人が契約に立ち会わなくてもいいというのは大きいです。人件費が割けるんですわ!!!

・・・。

イヤイヤイヤイヤイヤ。ちょっと待った。

印鑑や朱肉や変なゴム板の生産には人件費どころか、材料の原価やら生産機械のコストやら色々かかってますよね?

印鑑登録するのにも時間がかかる。役所の人の応対にもコストがかかる。

印鑑要らなくないかこれ・・・。

印鑑も公証人も要らない方法

何かアイデアが浮かんだ人

ってことで、考えました!印鑑も公証人も要らなくなるやり方。

第三者の保証があればいいんですよね。僕は考えましたよ。考えましたとも。

まず、契約を交わす状況をデータ(契約時の音声や映像)として保存して、契約を交わした双方が公的機関のサーバーに同じデータをアップロードするんです。データのアップロードをそれぞれの意志とします。

そして公的機関が双方のデータの一致を確認し、データが一致していれば契約成立。

おめでとうございます。ここまで長い道のりでしたね。僕は涙が止まりませんよ。

以上が僕の考えた天才的アイデアです。

広告

コメント